気になるクレジットカードの仕組みはどのようになってますか?

社会人になったら、まず持っておきたいのがクレジットカードですよね。

お店やネット通販での支払いだけでなく、水道料金・光熱費などの公共料金や携帯料金の支払いもできるクレジットカードは一人一枚は持っておきたいものです。

そんなクレジットカードですが、どのような仕組みで成り立っているのかわからないという人も多いんじゃないでしょうか。

どのように支払いがなされて、クレジットカード会社は何で儲けているのか?
クレジットカードの仕組みについて紹介します。

クレジットカードの仕組みとは?

クレジットカードは支払いの時に提示すれば、その場で現金を支払う必要がないシステムです。

まず、コンビニや飲食店で支払いの時にクレジットカードを提示するとします。

そうすると、お店側はクレジットカードで決済を行います。

そして、そのクレジットカード会社に連絡をして、料金の支払いを請求します。

するとカード会社は利用者に変わって支払いをしてくれますが、後日、クレジットカードの持ち主にその料金を請求してくるんです。
カード会社はあくまでも一時的に支払いをしてくれるだけで、しっかりとその料金は回収しようとします。

つまり、お店側はクレジットカード会社に料金を請求して、カード会社は持ち主にその料金を請求するのが、クレジットカードの仕組みなんです。

カード会社はどのように儲けてる?

仕組みだけを見た場合、カード会社がどのように儲けてるのかわかりにくいですよね。

実はお店側はクレジットカードで支払いができるようにするために、カード会社と「加盟店契約」を行っています。

この加盟店契約をするとお店側はクレジットカード支払いができるようになりますが、それと同時に手数料をカード会社に支払う必要があるんです。

実際には店舗側が手数料を払うというよりも、カード会社が店舗に支払いをする時に手数料を引いた額を支払いします。

そして、この手数料が、カード会社の利益になります。

つまり、クレジットカードを持つ人が増え、支払いで利用する人が増えると、カード会社にはどんどん収入が入ってくるという事ですね。

クレジットカードのメリットは?

結局後でお金を払うならクレジットカードを持つ意味はあまりないんじゃないの?と思ってしまいがちですが、クレジットカードがあると、利用者もお店側もカード会社も得があるんです。

まず、クレジットカードを持つ側は、支払いが楽になります。

分割払いもできますし、お財布にお金をたくさん持ち歩かなくてもクレジットカード1枚だけで買い物ができるのは大きなメリットです。

また、ポイントという形で還元されるのも、クレジットカードの魅力ですね。

そして、お店側のメリットは、高い商品も売れやすい事です。

分割払いができるクレジットカードがあると、現金では購入しにくい高額なものも手が出しやすいですよね。

最後にクレジットカード会社のメリットですが、これは手数料という形で収入がある事です。

このように、持つ側・お店側・カード会社、全てにメリットがあるのがクレジットカードなんです。

クレジットカードの仕組みはそれほど難しくはない事はわかって頂けたでしょうか?

クレジットカードは、持ち主・カード会社・店舗の三者の信頼からなるシステムです。

支払いにも便利ですし、社会人なら持っていてもデメリットは全くないので、ぜひ、クレジットカードを1枚作ってみてくださいね。

人気のサイトをご確認ください!

カードでお金を作る
丁寧な接客で安心できるスタッフがいる優良店で相談できる店舗探し