クレジットカードの与信枠はショッピング枠とキャッシング枠に分かれているのか

2021年4月2日 0 投稿者: マネキリ

クレジットカードは1枚のカードですが、契約内容を確認するとショッピング利用可能枠とキャッシング枠が別に表記されていることに気がつくでしょう。

申込時にキャッシング枠をゼロと希望していれば、キャッシング枠は設定されておらず、与信枠全てがショッピング枠となります。

クレジットカードは、カード会社独自の審査基準により発行されたものですが、カード会社が設定する与信枠には2種類存在することを知っておくと良いです。

カード会社が契約者に対して利用させても良いと考える最大枠が、ショッピング枠となっています。

ショッピング利用限度額に2種類の表記があれば、注意して見なければなりません。

ショッピング枠は総与信枠と同じに設定されている

クレジットカードの利用限度額は、ショッピング利用限度額に最大値が設定されています。

総与信枠とショッピング枠が同じと考えておくと分かりやすいでしょう。

ショッピング枠の中に、更に分割払いまたはリボ払い利用可能額の記載がある場合には、特に注意が必要です。

なぜなら、割賦販売法に基づく総量規制により、年収の1/3に複数ヶ月に渡る支払いについては制限がかかっていることを意味するからです。

カード会社が与えている総与信枠は、ショッピング利用限度額と同じですが、法律に基づき分割払いを行う時のみ制限がかけられていると知った上で利用する必要があります。

キャッシング枠はなぜ少ないのか理由を知っておきたい

クレジットカードのショッピング枠に比べてキャッシング枠が少ないことに不満を持っている人もいるでしょう。

しかし、カード会社の立場から考えれば、なぜキャッシング枠をショッピング枠よりも少なくしているか理由が分かります。

カード会社は、カード加盟店で契約者がショッピング時にクレジットカードを使うと、一旦代金を立て替え払いします。

後日決済手数料として数%を引いた金額が、加盟店に対して支払われる仕組みです。

一方、キャッシング枠を利用して現金借入を行った際には、後日返済時に支払う利息しかカード会社は得られません。

キャッシング枠は、クレジットカードが使えない時に買い物できない不便を避けるためのものです。

与信枠を増やすためには毎月クレジットカードを使う

クレジットカードの与信枠を増やすためには、年収を上げて収入証明書を随時提出しなければならないと考えている人も多いでしょう。

しかし、分割払いを行わない状態で使うクレジットカードならば、与信枠はカード会社が自由に決められます。

毎月の支払いの大半をクレジットカード払いにして、現金による買い物を極力減らせば、支払い遅延を起こさない限り与信枠を増やしてもらえます。

分割払い設定を極力使わずに、一括払いを中心としてクレジットカードを使うと、カード加盟店からの決済手数料がカード会社には多く入るので、もっと与信枠を増やしてでも買い物をして欲しいわけです。

分割払いとキャッシング枠は総量規制の影響を受ける

クレジットカードを使う上で注意しなければならないことは、分割払いとキャッシング枠については法律の規制が入ることです。

分割払いは割賦販売法、キャッシング枠は貸金業法に基づく総量規制の適用対象となるので、総与信枠が他社も含めて年収の1/3以内に制限されます。

ショッピング一括払いについては、カード会社による立て替え払いに過ぎないので、貸金業法に基づく規制を受けません。

クレジットカードの与信枠合計が、総量規制の範囲内に留まっている間ならば、さほど与信枠についてきにすることは無いでしょう。

ショッピング一括払いについては、総量規制対象外と知っておくことが大切です。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がある

クレジットカードは1枚のカードですが、契約内容を確認するとショッピング利用可能枠とキャッシング枠が別に表記されていることに気がつくでしょう。

申込時にキャッシング枠をゼロと希望していれば、キャッシング枠は設定されておらず、与信枠全てがショッピング枠となります。

クレジットカードは、カード会社独自の審査基準により発行されたものですが、カード会社が設定する与信枠には2種類存在することを知っておくと良いです。

カード会社が契約者に対して利用させても良いと考える最大枠が、ショッピング枠となっています。

ショッピング利用限度額に2種類の表記があれば、注意して見なければなりません。

ショッピング枠は総与信枠と同じに設定されている

クレジットカードの利用限度額は、ショッピング利用限度額に最大値が設定されています。

総与信枠とショッピング枠が同じと考えておくと分かりやすいでしょう。

ショッピング枠の中に、更に分割払いまたはリボ払い利用可能額の記載がある場合には、特に注意が必要です。

なぜなら、割賦販売法に基づく総量規制により、年収の1/3に複数ヶ月に渡る支払いについては制限がかかっていることを意味するからです。

カード会社が与えている総与信枠は、ショッピング利用限度額と同じですが、法律に基づき分割払いを行う時のみ制限がかけられていると知った上で利用する必要があります。

キャッシング枠はなぜ少ないのか理由を知っておきたい

クレジットカードのショッピング枠に比べてキャッシング枠が少ないことに不満を持っている人もいるでしょう。

しかし、カード会社の立場から考えれば、なぜキャッシング枠をショッピング枠よりも少なくしているか理由が分かります。

カード会社は、カード加盟店で契約者がショッピング時にクレジットカードを使うと、一旦代金を立て替え払いします。

後日決済手数料として数%を引いた金額が、加盟店に対して支払われる仕組みです。

一方、キャッシング枠を利用して現金借入を行った際には、後日返済時に支払う利息しかカード会社は得られません。

キャッシング枠は、クレジットカードが使えない時に買い物できない不便を避けるためのものです。

与信枠を増やすためには毎月クレジットカードを使う

クレジットカードの与信枠を増やすためには、年収を上げて収入証明書を随時提出しなければならないと考えている人も多いでしょう。

しかし、分割払いを行わない状態で使うクレジットカードならば、与信枠はカード会社が自由に決められます。

毎月の支払いの大半をクレジットカード払いにして、現金による買い物を極力減らせば、支払い遅延を起こさない限り与信枠を増やしてもらえます。

分割払い設定を極力使わずに、一括払いを中心としてクレジットカードを使うと、カード加盟店からの決済手数料がカード会社には多く入るので、もっと与信枠を増やしてでも買い物をして欲しいわけです。

分割払いとキャッシング枠は総量規制の影響を受ける

クレジットカードを使う上で注意しなければならないことは、分割払いとキャッシング枠については法律の規制が入ることです。

分割払いは割賦販売法、キャッシング枠は貸金業法に基づく総量規制の適用対象となるので、総与信枠が他社も含めて年収の1/3以内に制限されます。

ショッピング一括払いについては、カード会社による立て替え払いに過ぎないので、貸金業法に基づく規制を受けません。

クレジットカードの与信枠合計が、総量規制の範囲内に留まっている間ならば、さほど与信枠についてきにすることは無いでしょう。

ショッピング一括払いについては、総量規制対象外と知っておくことが大切です。